ブログ&ニュース

english

輪島塗のお手入れの仕方 NG集

3大やってはいけない事

 
輪島塗のお手入れは簡単です。
前の記事で書いた通り
スポンジで洗えばいいだけなのですが、
これだけはご勘弁ください!
という“NG”な使い方があります。
 
それが以下の3つ
・食器洗浄機
・食器乾燥機
・電子レンジ
この3つには絶対に入れないでください!
 
 

①食器洗浄機

 
食器洗浄機をお使いのご家庭は
日に日に増えており、
普及率は30%とも50%とも言われています。
 
かく言う我が家でも使用していますが、
漆器は入れずに、分けて洗っています。
 
 
なぜ、
食器洗浄機を避けて頂きたいかと言うと、
主に洗浄後の乾燥の工程にあります。
 
漆器は90℃を超えた辺りから色が変わり始め、
特に「黒」や「溜」といった色は
白く濁った色になり易く、目立ちます。
強度も多少は落ちる為、
塗の薄い漆器の場合は塗がめくれたり、剥げたりする要因ともなりかねません。
 
個人的には強力な水流によるダメージも気になりますが、
主な食器洗浄機のNG機能は
『乾燥』です!
 
 
メーカーによっては漆器に適したモードもあるらしいので、
一度説明書を熟読されては如何でしょうか?
 
 

②食器乾燥機

 
食器乾燥機のNG機能は
正にその乾燥です。
 
よくお客様からうかがうのは
「漆器って乾燥させちゃダメなんでしょ?」
と聞かれる事があります。
それについてはまた別の機会に説明するとして、
 
食器乾燥機の“乾燥”とは基本的に
「温風を当てて水分を蒸発させ飛ばす」
というものです。
言ってみればドライヤーを当てているようなものです。
 
また、
メーカーや機種によっては
「超高温による殺菌機能もあります!」
などと謳っている物もありますので、
①で説明した様に
『漆器は90℃を超えた辺りから色が変わり始め、
 特に「黒」や「溜」といった色は
 白く濁った色になり易く、目立ちます。
 強度も多少は落ちる為、
 塗の薄い漆器の場合は塗がめくれたり、剥げたりする要因ともなりかねません。』
という
漆器の特性からすれば
極めて危険な機械ということになってしますのです。

入れるとしたら、
低温のモードか、送風のみにしてあげてください。
(そういうモードがあればですが…)
 
 

③電子レンジ

 
とあるメーカーの電子レンジの説明書から抜粋した画像です。
( 怒られたら削除します )
 
 

 
この様に、
電子レンジ側からも「入れないで!」と伝えている訳です。
 
では電子レンジに入れるとどうなるか、
といいますと。
 
まず木地が歪みます。
その歪みによって木地にヒビが入り、
それに付いて行けず塗が剥がれ
塗にもヒビが入ります。
 
更に
先日「電子レンジに入れてしまった」というお客様から
送られて来た輪島塗カップを見てみると
(非常に残念な状態でしたが、参考になりました)
塗の色も変わってしまっていました。
また、
蒔絵も変色し、所々焦げたような跡も。
 
 
 

やってしまった場合はどうにかなるの?

 
これまで、事あるごとに
「輪島塗は修理が出来ます。」
「塗り直したり、塗り替えたり、代々使い続けて下さい。」
と、
お伝えしてきましたが、
これらのNGをやってしまった場合はどうでしょうか。
答えは以下の様になります。
 
①食器洗浄機   …修理可
②食器乾燥機   …修理可
③電子レンジ   …修理不可
 
 
①食器洗浄機と②食器乾燥機はあくまでも表面的な問題です。
つまり、
上塗りだけが変色してしまうという問題で、
木地や下地には変化は殆どありません。
ですので無地の品物であれば、
上塗り1回分のコストで直す事が可能です。
(装飾が入っていると、それの付け直しが必要です)
 
では③電子レンジはというと
芯となる木地に問題がおきます。
歪んで、変形してしまうのは勿論ですが、
実は
それが度々起きると言われています。
 
歪んだ形に合わせて塗り直しても、
一度電子レンジにかけた木地は
塗り直した後にも歪み易く、繰り返し動き
塗にヒビが入ったり、剥げたりしてしまうのです。
 
「3大やってはいけない事」と書きましたが、
一番どうにもならないのは
この「電子レンジ」です。
これだけはご勘弁下さいませ!
 

 
 

輪島塗についてなにかあったら

 
“輪島塗とはなんぞや” という事を当HPで
少しづつでもお伝えして行きたいと思っていますし、
もし、
「使ってたらこんな事があった。」
「使っている漆器を直したい」
或いは、
「こんな事が知りたい」
「あれはどんな意味があるの?」
といった疑問質問があれば是非ご来店頂き、
触れて、見て、聞いて。お写真等もOKです。
工房見学にて詳しくご説明もさせて頂きます。
 
ご来店が難しい場合は
お気軽にお問合せまでご連絡下さい。
出来るだけお答えさせて頂きますし、
修理や塗り直し等の見積もりをお出しする事も可能です。
 
ご来店、お問い合わせ、心よりお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です